トイレトレーニング

子どものトイレトレーニングは、成長過程で絶対に必要なものです。このトレーニングがきちんと身に着いていないと、その後子どもが生きていく上で、様々なトラブルの原因になってしまうことは多いです。

保育園や幼稚園に通う際もそうですし、家族で遠出をする際にも、トイレトレーニングが徹底されていないと困ってしまうことがあります。逆に言えば、トイレトレーニングをきちんとしておくことによって、子どもの通園や家族旅行など、楽しい思い出がたくさんできて、成長過程がより豊かで良いものになるということです。

トイレトレーニングは、子どもの方も大変ですが、指導をする大人の方も大変…という声は多いです。我慢強くきちんと教えていかなくてはいけないことであり、前述した通り、今後絶対に必要になってくるものなので、諦めてしまうわけにもいかない…というジレンマから、ついストレスを貯めてしまう人が多いものです。辛抱強く行っていくことはもちろん重要なのですが、ストレスを貯めすぎて、トレーニング自体、ひいては育児自体に影響が出てしまっては本末転倒ですよね。そのためにも、「自分たちのペース」と「こなせる程度のスケジュール」を意識するようにしてください。

毎回きちんと徹底して守らなくてはいけないわけではないですが、トイレトレーニングのノルマを設定することで、ペースをつかみやすくなります。また、育児本や口コミを意識することがあっても、あくまで「自分たちのペース」を守ることも大切です。

これらを踏まえながら、当サイトでは、トイレトレーニングの基礎知識や、効果的な方法などを紹介いたします。


▽PICK UP
・失敗しないトイレ選びのコツなども紹介している、トイレ専門通販サイトです >>>トイレ
・実際にカナガンのドッグフードを使った飼い主さん達の、口コミ情報も紹介している通販サイトです >>>ドッグフード

トイレトレーニング

トレーニングの第一歩

トイレトレーニングを始める時期には、どんな教育でも同じように、「個人差」があります。年齢を一律にして考えるのは簡単なのですが、その実、生活習慣の変化、発育の状態など、小さい子どもには様々な違いがあります・・・

道具とステップ

トイレトレーニングでは、「おまる」や「補助便座」などの道具を使うことができます。おむつから卒業したら、いきなり大人と同じトイレではなく、これらを使って用を足せるようになるのが理想的です。 おまるでも補助便座でも、どちらでも平気です・・・

失敗とストレス

トイレトレーニングがうまく進まないと、親御さんもいらいらしてしまうものですが、それ以上に、当人である子ども自身が、大きなストレスにさらされることになります。大人は、子どもの成長を健やかにするために、これらのストレスからきちんと守って、フォローしてあげなくてはいけません・・・